寺田動物病院
診察時間のご案内
子犬特別サービス
獣医師勤務表
しつけ教室のご案内
トリミングのご案内
ペットホテルのご案内
Blog
スタッフ募集
動物取扱業標識
◆往診を行います。【要予約】
 エリア:たつの市・太子町・林田町
 時間:13時~14時
 お気軽にご予約下さい。

公益社団法人日本動物病院福祉協会

Team HOPE

各種カード取扱

保険取扱
2018/2/11 日曜日

  No.4 目が見えていない。盲目。視覚障害。

犬や猫では視力(どれぐらい見えているのか)を測定し判断することは出来ません。

しかし、視力の有無(見えているか見えていないか)は飼い主さんの注意深い観察で気づくことが出来ます。

日常の中で動きがぎこちない、イスやソファーにぶつかる、散歩で溝に落ちるなど行動の変化が見られたら視力を失っている可能性があります。

片側だけが視力を失っているとなかなか気づきにくいこともあります。瞳孔がどちらも大きく開いたまま、左右の瞳孔の大きさに違いが見られたなどの場合は疑っても良い所見です。

(原因)

①目(角膜、前房水、など)の透明性の低下 ②網膜の疾患 ③神経学的疾患(視神経、脳など中枢神経)に分けられます。

進行性網膜萎縮(PRA)、突発性後天性網膜変性症候群(SARDS)、網膜剥離、白内障、緑内障、角膜障害、ぶどう膜炎、視神経萎縮、脳炎などが代表的な疾患です。

先日もなんだか元気がないとの事の受診差されたシーズが、左目だけの網膜剥離がありました。

329

 

2018/2/3 土曜日

  No.3 うちの寅さん、美人?

326こんなに可愛いのに凄いだみ声なんだよ。

2018/2/2 金曜日

  No.2  海外へ渡航される方へ

海外へ旅行される方は、必ず各国各地方の伝染病の知識を持ってお出かけして下さい。

厚生労働省のHPを是非ご覧下さい。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/index.html

狂犬病は、日本では毎年接種が義務化されていますので幸いにも約65年間発生が見られておりません。しかし世界でも狂犬病清浄国は7カ国しか有りません。海外では、普通に狂犬病が発生しております。

海外ではむやみに野犬、犬、動物に触らないようにしましょう。もし、海外で犬に咬まれたら至急病院に罹るようにしてください。

2018/1/17 水曜日

  No.1 阪神淡路大震災から23年

23年前のあの日に震災で亡くなられた方々に哀悼の意を捧げます。

あれから中越、東日本、熊本なども続きました。震災の教訓をもう一度思い出し、確認する日ですね。

初期対応の自助共助を忘れず、再度確認しましょう。

http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2506/full.pdf

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/disaster.html

救護活動資料室

2017/12/30 土曜日

  No.20 もう一頭飼いませんか?

「ペットロス」という言葉があるように、ペットとの別れの辛さに耐えられないで苦しむ飼い主様、また、辛い別れを経験したくないのでもうペットは飼えないと言われる飼い主様が時々いらっしゃいます。心中お察し申し上げるとともにご同情いたします。

老犬、老猫になればなるほど(長生きすればするほど)愛情も深くなり、目の前のペットの寿命を受け入れがたくなるものです。大切なペットとの別れはとても辛いものです。私自身も涙無しでは語れない愛犬がいます。

ただ、忘れて貰いたくない事があります。

犬を、猫を、動物を、ペットを飼う事(共に生きる事)の”楽しさ、嬉しさ、幸福感” です。命の尊さを教えてくれて、人生に彩りをくれる動物達の事を忘れて貰いたくありません。

心が静かになった時、もう一度ペットとの素敵な出会いがあることを祈っています。

 

「1頭目が10才頃(老犬老猫になってきた頃)にもう1頭子犬子猫を飼われることをお勧めします。」

犬の寿命は、大型犬で10-11才、小型犬で13-14才と言われています。10才ぐらいから老犬となり、子犬の頃の活力も低下します。そんな頃、子犬がやってくると、先住の犬は負けじと活力が出ます。ちょっぴり元気になりますよ。(同じような年頃の犬を多頭飼いするのではありません。同じ世代の犬なら同じような時期に別れが立て続けにやって来ますので注意して下さい。)

また、老犬が亡くなった時、もう1頭の若い犬が悲しみを必ず癒してくれます。必ずペットロスを軽減してくれます。ペットを飼う幸福を、ペットとの別れで壊されないようにしてくれます。

人生80年とすれば、子供の頃より何頭も出会いと別れを経験し、それによって沢山の人生訓を与えてくれます。

どうぞ、ペットと共に生きる幸せを忘れないでください。

 

次ページへ »