寺田動物病院
診察時間のご案内
子犬特別サービス
獣医師勤務表
しつけ教室のご案内
トリミングのご案内
ペットホテルのご案内
Blog
スタッフ募集
動物取扱業標識
◆往診を行います。【要予約】
 エリア:たつの市・太子町・林田町
 時間:13時~14時
 お気軽にご予約下さい。

公益社団法人日本動物病院福祉協会

Team HOPE

各種カード取扱

保険取扱
2017/10/11 水曜日

  No.15 犬からの人へのSFTS(重症熱性血小板減少症候群)感染

先日、SFTS感染猫から人への感染が確認されましたが、今回はSFTS感染犬から人への感染が確認されましたのでお知らせいたします。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171010/k10011173871000.html

 

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)は、ダニから感染する伝染病(SFTSウィルス)です。

ダニが全ての感染源なのですが、伝染ルートは、3種類あります。

①ダニから動物へ(犬、猫、野生動物などにダニが付着吸血した際、動物に感染します。)

②ダニから人へ(人にダニが付着吸血した際、人に感染します。)

③ダニから感染したSFTS感染犬、SFTS感染猫から人へ(感染動物の体液などから、人へ感染します。)

 

もともとはダニから感染しますので、ダニに咬まれないようにしましょう。

人は、野原に出かける時には長袖長ズボンを着用しましょう。帰宅後は必ず衣服を叩き、着替えましょう。

犬・猫においては、散歩から帰る際には必ずブラッシングを行いましょう。ブラッシングで殆ど落とす事が出来ます。また、前もって予防策として、ダニ駆除薬(フロントライン、マイフリーガード、ネクスガード、スペクトラ、ブラベクトなどの動物医薬品)を使用しておけばさらに安心です。

感染した犬だけでなく、犬が持ち帰るダニに飼い主が咬まれる可能性もあります。大切なペットの命と私達自身の命を守るために、ぜひ、しっかりとしたブラッシングとダニ駆除剤の使用を行いましょう。

 

2017/10/6 金曜日

  No.14 ノーベル文学賞

院長の寺田です。

ノーベル賞ウィークですが、文学賞をカズオ・イシグロさん(イギリス国籍です)が授賞されました。

この方の著書の中の一冊、「The Remains of the Day 日の名残り」は私の好きな小説の1つです。

変わりゆく英国と人間の人生観とを沈む美しい夕日に喩えた素晴らしい小説です。映画にもなりアンソニーホプキンスとエマトンプソンの主演で、これまた素晴らしい映画です。どちらもお勧めします。

また、物理学賞には3人の科学者が選ばれました。

アインシュタインの最後の宿題(重力波)を解いた研究でした。

どうしても日本、日本人の事ばかりが話題になりますが、どの方々も世界人類としての誉れある方々だと私は思います。

2017/10/2 月曜日

  No.13 猫のSFTS

猫から人へのSFTS(重症熱性血小板減少症候群)の感染が確認されました。

以下の厚生労働省のHPをご確認下さい。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000169522.html

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000172201.pdf

また、兵庫県からもさまざまな情報が出されております。

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf16/sfts.html

感染経路として3通りがあります。いつもこの3通りのパターンを頭に入れていろんな情報を読んでくださいね。

①ダニから人間

②ダニから動物(犬や猫、野生動物など)

③ダニから動物→動物から人間

どちらにしろ動物だけでなく、私達自身も野山を出歩く時は長袖長ズボンなどで気を付け、ペットにはお薬の定期投与を行いましょう。

ここ西播地域は都会では考えられないのですが、猫へのダニの寄生が普通に見られます。

室内飼いであればほぼ問題ありませんが、屋外飼育やお外にも出す飼育形態の場合にはダニの駆除薬の使用を毎月必ず行いましょう。

①ノミとダニの駆除薬 マイフリーガード、フロントライン

②ノミ・ダニ・フィラリア駆除薬+虫下し ブロードライン

 

犬へのダニ感染

https://www.bayer-pet.jp/pet/library/parasite/madani/madani05.html

2017/7/7 金曜日

  No.12 夏休みに海外へ渡航されるみなさま、感染症に注意しましょう

これから、夏休みやお盆休みで海外に旅行される方も多いことと思います。

海外には日本にはない沢山の伝染病・感染症があります。先日も20年ぶりにマレーシアで人間の狂犬病が発生しました。むやみやたらに海外では犬への接触は避け、もし咬まれた場合は必ず直ぐに病院にかかりましょう。

日本に帰国時には必ず発熱や咳、下痢など具合が悪く体調に不安がある場合や動物に咬まれたりしたことを空港の入国審査時に検疫所に相談しましょう。

感染症には潜伏期間(感染してから発症までの期間)があります。帰国後も身体の不調を訴えることがあれば、必ず医療機関を受診してください。その際には渡航歴について詳しく伝えるようにしましょう。
厚生労働省のHPをご覧下さい。
<夏休みにおける海外での感染症予防について>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/travel-kansenshou.html
<検疫所ホームページ:FORTH海外で健康に過ごすために>
http://www.forth.go.jp/

<狂犬病について>http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/07.html

 

 

 


  No.11 「薄着だと蚊やダニに咬まれちゃうぜぇ~」 飼い主もダニに注意!

厚生労働省~蚊媒介感染症・ダニ媒介感染症対策の予防啓発~

ダニは、犬や猫に着くだけでなく、人間にも食らいつきます。

蚊やダニは感染症の運び屋です。蚊やダニが媒介する感染症から身を守る
ために、長袖・長ズボンを着用して肌の露出を少なくし、虫除け剤を使用す
るなどにより、蚊やダニに咬まれないことが大切です。

ぜひ、以下の厚生労働省のHPをご参照下さい。

「薄着だと蚊やダニに咬まれちゃうぜぇ~」

<ダニ媒介感染症>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164495.html
<蚊媒介感染症>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164483.html

次ページへ »