寺田動物病院
診察時間のご案内
子犬特別サービス
獣医師勤務表
しつけ教室のご案内
トリミングのご案内
ペットホテルのご案内
Blog
スタッフ募集
動物取扱業標識
◆往診を行います。【要予約】
 エリア:たつの市・太子町・林田町
 時間:13時~14時
 お気軽にご予約下さい。

公益社団法人日本動物病院福祉協会

Team HOPE

各種カード取扱

保険取扱
2017/11/20 月曜日

  No.18 犬の甲状腺機能低下症

グッと気温が下がり、鶏籠山の木々も素敵な彩りになりました。

急に気温の下がる時期に老犬が急に元気が無くなったりする事があります。老化に寄ることも多いのですが、甲状腺機能低下症を患っていることもあります。この疾患を患っていると寒さが非常に堪えます。

先日も元気食欲消失で老犬が来院されました。

この季節、老犬においては元気食欲をよく観察して下さい。

「甲状腺機能低下症」

 

甲状腺は喉(気管の外側)に左右一対ある小さな器官で、甲状腺ホルモンを分泌します。甲状腺ホルモンの作用は、熱産生作用、糖・脂肪・タンパク質代謝に対する作用、神経系及び血管系に対する作用などさまざまで、「甲状腺機能低下症」は甲状腺からのホルモンの分泌が少なくなる病気です。

 

<原因>

遺伝的要素が関係していたり、下垂体(脳)の先天的異常や腫瘍、感染が原因のこともありますが、ほとんどの場合(95%以上)は「原発性」(甲状腺の機能異常)と言われています。

 

<症状>

皮膚・尾から始まって全身化する両側性、対称性脱毛

・色素沈着、角化亢進

・乾燥もしくは油状の皮脂、被毛

・被毛色の変化、換毛(毛代わり)がうまくできない

・顔面や肩の粘液水腫(厚く、冷たい、腫れぼったい皮膚)

血管系・徐脈

胃腸系・食欲低下

・肥満

・便秘

その他・元気消失

・低体温

・高コレステロール血症

*甲状腺ホルモンの作用が多様なため、症状も多種多様となります。

 

<診断>

血液中の甲状腺ホルモンを測定します(外部以来のため、結果が出るのに3日程度かかります)。全身状態を把握したり他の疾患との鑑別のために、甲状腺ホルモンの測定以外に一般血液検査やコレステロール値の測定します。また必要に応じてレントゲン検査や腹部超音波検査なども行うこともあります。

<治療>

生涯にわたって甲状腺ホルモンの薬を飲ませます。投薬中、定期的にホルモン値を測定し、薬の用量や投与回数を調整していきます。予後は非常に良好です。

寺田動物病院

2017/11/8 水曜日

  No.17 コンプライアンス 遵守

コンプライアンスとは「法令遵守」ですが、医療の現場では「患者が”医師の指示通り”に、処方されたお薬を服用する事」を意味します。

医師が処方した通りに、お薬の種類・一日の量・投薬の期間を守ることです。

症状が少し良くなったからと言って種類を減らしたり、量を減らしたりせず、また、1週間処方されれば必ず1週間飲みきりましょう。

昔のお薬が手元に残ってると言うことは、おかしいことなのです。

症状が良くなっても必ず投与期間を守りましょう。

これは、動物医療においても同じ事です。

 

2017/10/23 月曜日

  No.16 世界手洗いの日

いつも診察の付き添いのお子様にお話しする手洗いの大切さ。

手洗いは本当に衛生的に大切で、人類史上最も大切なピックスの1つです。

10月15日は、世界手洗いの日。

是非ご覧下さい。

http://handwashing.jp/

2017/10/11 水曜日

  No.15 犬からの人へのSFTS(重症熱性血小板減少症候群)感染

先日、SFTS感染猫から人への感染が確認されましたが、今回はSFTS感染犬から人への感染が確認されましたのでお知らせいたします。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171010/k10011173871000.html

 

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)は、ダニから感染する伝染病(SFTSウィルス)です。

ダニが全ての感染源なのですが、伝染ルートは、3種類あります。

①ダニから動物へ(犬、猫、野生動物などにダニが付着吸血した際、動物に感染します。)

②ダニから人へ(人にダニが付着吸血した際、人に感染します。)

③ダニから感染したSFTS感染犬、SFTS感染猫から人へ(感染動物の体液などから、人へ感染します。)

 

もともとはダニから感染しますので、ダニに咬まれないようにしましょう。

人は、野原に出かける時には長袖長ズボンを着用しましょう。帰宅後は必ず衣服を叩き、着替えましょう。

犬・猫においては、散歩から帰る際には必ずブラッシングを行いましょう。ブラッシングで殆ど落とす事が出来ます。また、前もって予防策として、ダニ駆除薬(フロントライン、マイフリーガード、ネクスガード、スペクトラ、ブラベクトなどの動物医薬品)を使用しておけばさらに安心です。

感染した犬だけでなく、犬が持ち帰るダニに飼い主が咬まれる可能性もあります。大切なペットの命と私達自身の命を守るために、ぜひ、しっかりとしたブラッシングとダニ駆除剤の使用を行いましょう。

 

2017/10/6 金曜日

  No.14 ノーベル文学賞

院長の寺田です。

ノーベル賞ウィークですが、文学賞をカズオ・イシグロさん(イギリス国籍です)が授賞されました。

この方の著書の中の一冊、「The Remains of the Day 日の名残り」は私の好きな小説の1つです。

変わりゆく英国と人間の人生観とを沈む美しい夕日に喩えた素晴らしい小説です。映画にもなりアンソニーホプキンスとエマトンプソンの主演で、これまた素晴らしい映画です。どちらもお勧めします。

また、物理学賞には3人の科学者が選ばれました。

アインシュタインの最後の宿題(重力波)を解いた研究でした。

どうしても日本、日本人の事ばかりが話題になりますが、どの方々も世界人類としての誉れある方々だと私は思います。

次ページへ »