寺田動物病院
診察時間のご案内
子犬特別サービス
獣医師勤務表
しつけ教室のご案内
トリミングのご案内
ペットホテルのご案内
Blog
スタッフ募集
動物取扱業標識
◆往診を行います。【要予約】
 エリア:たつの市・太子町・林田町
 時間:13時~14時
 お気軽にご予約下さい。

公益社団法人日本動物病院福祉協会

Team HOPE

各種カード取扱

保険取扱
2015/1/10 土曜日

  No.2 肥満

20100821151152adc201008211511521c8 肥満Obesityとは、正常な状態に比べて体重が多い状態、脂肪が過剰に蓄積した状態を言います。

肥満率 犬20-40% 猫40-52%

原因 ①過食  ②運動不足

肥満から引き起こされる疾患

高血糖、高血圧、脂質異常(中性脂肪TG、総コレステロールTCの高値) 糖尿病、脂肪肝(引き起こされる肝不全、腫瘍)、変形性関節症など

犬と猫のメタボリックシンドローム判定基準

・肥満(正常体重の10%以上、BCSが3以上)

1)犬・猫 Glu(血糖値) >120mg/dl

2)犬・猫 TG>165 3)

犬 TC>180・猫>200

4)犬・猫 ALT>100IU/L

犬より猫で怖い肥満!

犬(雑食)と猫(肉食)は、全く違う生き物です。 猫は肥満から糖尿病に非常になりやすい。

犬 1型糖尿病(インスリンが分泌されない)が多い。

猫 2型糖尿病(インスリンが効きにくい・インスリン抵抗性)が多い。

*2型糖尿病の原因:過食、運動不足による肥満、ストレス、加齢などが原因で インスリンが分泌されても作用しにくい状態になっている。

肥満の治療

①飼い主の強い熱意!

②適切な食餌:医学的に作られた処方食の使用も考慮

③適切な給与方法:1日量を決めて、3回以上に分けて与える。

④運動!運動!運動!(特に犬は)

⑤2週間ごとに体重測定