寺田動物病院
診察時間のご案内
子犬特別サービス
獣医師勤務表
しつけ教室のご案内
トリミングのご案内
ペットホテルのご案内
Blog
スタッフ募集
動物取扱業標識
◆往診を行います。【要予約】
 エリア:たつの市・太子町・林田町
 時間:13時~14時
 お気軽にご予約下さい。

公益社団法人日本動物病院福祉協会

Team HOPE

各種カード取扱

保険取扱

動物たちは、喋ってはくれません。
いつも思います、ドリトル先生のように動物の言葉が喋れたらって。
痛いの?  しんどいの?  腰が痛いの?  お腹が痛いの?  何食べたの?
通じるはずもない言葉を投げかけながら私たちは診察しています。
物言わぬ動物を診察する上で、飼い主さんの観察力(稟告・主訴)と各種の検査が一番重要です。
飼い主さんの観察力、獣医師の診察、そして各種検査。
この3つの力を合わせて動物たちの健康を守っていきましょう。

動物病院では全科診療が基本です。
内科外科問わず皮膚科、歯科など全ての診療を行っております。物言わぬ動物に真剣に向かい合い、思いを汲み取ることに全力を尽くしています。その際、飼い主様の日頃の観察力が一番重要です。また、症状を喋ってはくれないのでどうしても各種検査を行うことが多くなります。
動物、患者様、そして獣医師(検査など)。大切なトライアングルです。
ノミによる皮膚炎の診察としつけのトラブルや問題行動(人間で言えばお説教かな)のお話も診察も出来ます。
尿石の診察と咳(もしかしたら僧帽弁閉鎖不全)の診察も同時に出来ます。
帝王切開もすれば前十字靭帯、骨折の手術も出来ます。
皮膚の診察であったとしても、検便や目を見て、そして心音呼吸音の聴診を行います。目ヤニの診察でも、外耳炎の診察でも同じで、心音呼吸音を聞きます。
これからもずっと飼い主様とスクラムを組んで大切な動物を守っていきましょうね。


動物医療は、人医に比べ広く浅くと言われるかもしれません。人医に比べ劣っていると思われる面も多々あるでしょうし、まだまだ人医と同じような医療を求めることは出来ないことも多いと思われます。(実際には費用の面での問題もありますが。)
最近では、大阪や京都までも含めた範囲とはなりますが、二次病院や大学病院、地域連携病院なども整備され、高度医療やMRIやCT検査なども検査も行えるようになって来ました。
当院では、飼い主様が連れて行くことが出来ない場合、ご紹介病院への病院スタッフによる送迎(別途費用)も行っております。是非お申し付け下さい。




≪ 医療情報メニューへ戻る ≫